• 太陽光発電システムの研究開発の補助金について

    太陽光発電システムの普及率は増加しています。
    それにはいくつかの要因があります。
    売電システムが充実したことで太陽光発電システムを取り入れることで利益を得られやすくなったという側面もあります。
    他にも東日本大震災によって防災意識が高まり、震災による停電を免れるための導入も増えています。
    さらに、国や地方自治体で補助金を受けられるため、太陽光発電システムを設置したというところも多いでしょう。
    太陽光発電パネルをはじめまだまだ太陽光発電システムのコストが高いため、購入する際には公的の補助金を頼らなければ大きな普及は見込めることはできません。
    日本で再生可能エネルギーを促進していきたいと思っても、いつまでも太陽光発電システムの購入で補助金を頼っていくのには、財政難の今では限界があります。
    そのため、購入以外にも研究開発にも補助金が使われているのです。
    より安価、より発電効率・利便性の高い太陽光発電パネルが開発されるようになれば、購入のときに支給をしなくても需要が増えることが考えられるからです。
    価格と発電効率についての研究開発はわかるけど、利便性向上の研究開発の理由がわからないという人が多くいらっしゃいます。
    たとえば、太陽光発電パネルを軟質で軽量なものにしようと研究開発されています。
    というのも現在の多くのパネルは硬質で重量があるからです。
    設置のときに折り曲げたりすることができません。
    そのため、運搬しにくかったり、設置する場所が限定されたり、設置に手間取ったりします。
    その分人件費や手間がかかるため、利用者の負担も大きくなります。
    その点、太陽光発電パネルが紙のようにグニャグニャに折り曲げて軽ければ、壁紙のように利用することができるので利用する場所が増える可能性も増えます。
    たとえば、高速道路や架橋などで日当たりのよい外壁にも設置することができるでしょう。
    利用の幅が広がるので今後の研究開発に補助金を当たることで太陽光発電システムの普及が高まっていくはずです。