• 大田区の補助金について

    Category: 助成制度を利用

    太陽光発電の設置が日本全国急ピッチで進んでいます。
    日本の製造業自体は、いまいち元気がない状態ですが、太陽光発電だけは例外で、フル生産に近い操業が続いているそうです。
    このまま太陽光発電が普及して、将来的に火力発電や原子力発電の比率が下げられればいいと思います。
    本格普及を進めるためには、ひとつには今以上にさらに太陽光発電の価格が下がることが必要です。
    私の個人的な意見としては、いまの半額以上になれば、よりいっそう太陽光発電の普及が進むと思います。
    太陽光発電システムの価格引下げには、今以上の技術的なブレイクスルーが必要であるといわれています。
    新技術が開発されるまでは、購入時の補助金により負担を軽減すること、さらには売電価格の割り増しといった制度の継続が必要であると思います。
    さて、今回はこの中で補助金について述べたいと思います。null
    太陽光発電の補助金には、日本全国で受給することが可能な国からの補助金と、地方自治体が設定している地域限定の補助金の二種類があります。
    そして太陽光発電の補助金の特徴としては、いずれかの補助金を選択するのではなく、重複して受給することも可能であるということです。
    つまり、ダブル、トリプルと重複して受給を受けることが可能です。
    太陽光発電の補助金に関しては、東京都が非常に充実しているといわれています。
    東京都から補助金がもらえ、さらに区や市町でも補助金を設定しているところが多いです。
    たとえば大田区では、国、東京都、そして大田区とトリプルで補助金がもらえます。
    またその額も非常に魅力的です。
    補助金の額について紹介すると、大田区の場合、システム1キロワットあたりの補助金は、国からが3~3.5万円、東京都からが10万円、そして大田区からが5万円となっています。
    4キロワットのシステムを導入する場合、最大74万円もの補助金を受給することができます。
    ただ、これらの補助金には当然期限がありますし、その後このような充実した補助金が設定されるかは未知数です。
    太陽光発電の導入を検討中の方は、早めに決断するのがよいと思います。