• 太陽光発電システムは、クリーンで安全な発電

    Category: 安心な太陽光発電

    現在、日本の発電というのは、上位3つを、火力、原子力、水力が占めています。
    しかし、これらの発電方法には、どれもデメリットがあります。
    まずは、火力発電です。
    火力発電の場合、小規模なものから大規模なものまで、様々な規模の発電所を設置することができます。
    また、燃焼して発電をするということですので、安定供給が可能となっております。
    しかし、火力発電というのは、燃料に大きく左右されます。null
    現在、火力発電所の主たる燃料というのは、液化天然ガスです。
    この液化天然ガスですが、日本で大量に消費されていることもあり、日本向けの液化天然ガスは値段が高い傾向にあります。
    そうなると、燃料の高騰が、火力発電のコスト高にもつながります。
    さらに、燃焼する際に、二酸化炭素が発生します。
    これは、温室効果ガスの元になり、環境にはよくありません。
    次に、原子力発電です。
    原子力発電は、クリーンで低コストな発電方法といわれています。
    おまけに、燃料となるウランやプルトニウムは、再処理をすれば、リサイクルして使うことのできる燃料です。
    もちろん、発電の際に二酸化炭素を発生することもありません。
    しかし、ご存知のとおり、原発事故があると、未曾有の災害となります。
    また、二酸化炭素は発生しないものの、大量の放射性物質が発生します。
    さらに、放射性廃棄物というのがどうしても発生してしまい、それをどう処理するかというのも、目下の課題です。
    水力発電はどうでしょう。
    水力発電は、クリーンな発電方法です。
    しかし、水力発電は、効率がよくありません。
    大規模な工事を必要とする割に、発電量は大した事はありません 。
    では、太陽光発電はどうでしょう。
    火力発電のように、燃料が高コストということもありません。
    太陽光は無料ですし、無限に降り注ぐものですから。
    原子力発電のように、事故で未曾有の災害になることもありません。
    水力発電のように、大規模な工事も必要ありません。
    クリーンで安全な発電、それが太陽光発電なのです。